MENU

体の血流が悪くなるとどんな症状が起きる?

体の血流が悪くなると様々な症状が起きます。血行は、健康状態を知るバロメーターと言われていて、血行不良になると、病気の一歩手前とも言われています。生活習慣病として悪名高い、動脈硬化や高血圧などは、体の血流が悪くなることで起きる代表的な病気です。血行不良になると、症状そのものが色々と現れますが、怖いのは、二次的に引き起こされる脳梗塞や心筋梗塞などの病気です。一歩間違えると命を失うことにもなりかねないので、体の血流は軽視できません。体の血流が悪くなると、肩や関節、腰の痛みなどが出てきます。これは、血行不良によって乳酸をはじめとする疲労物質の代謝が滞ってしまうからです。体の血流が悪くなると、筋肉が炎症を起こしたり緊張したりする状態が長く続くことになるので、周囲の血管も圧迫されます。結果、それが痛みの原因となり、頭を支える首や身体の軸を成す腰などに負荷がかかることになります。冷えも体の血流が悪くなるとよく起きる症状で、血液は体温調整の役割をしています。体の血流が悪くなると、熱を運ぶ機能も低下するので、末端が冷えやすくなります。

 

 

肉割れ消すクリーム